読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

降りていくブログ

生き残りながら回復していくために

酵母を満たして ちいさな学びの場をつくること 当事者研究大会のミーティングに行ってきた

当事者研究大会の実行委員会の初回ミーティングに参加させてもらう。

 


2016年の大会は別の予定があって参加できなかったけれど、大会の雰囲気やあり方自体に衝撃を受けて強い関心を持った人も少なくなかったようだ。ミーティングでもそういう感想がちらほら聞かれた。

 

 

去年は、実行委員会のミーティングの雰囲気がそのまま大会の雰囲気に移行していたような感じだったそうだ。

 

 

ミーティング、1時間ずつの休憩も参加者に優しいと思ったけれど、雰囲気がまさにいい感じだった。こういうふうな場の状態を表す言葉として、一般的には「ゆるい」ぐらいしかないなあと思う。

 

場に対する世間のボキャブラリーの少なさは、一般の関心の低さのあらわれなのか。場がどうであるかよりも、やり方、方法の方が重要で、そちらの方ばかり意識がいくのだろうか? 

 

「ゆるい」だけではすくい取れないものが多すぎるなあと思う。

 

場は、単にどのような価値観でもどうでもよくて、言いたいことが好きに言えればいいという感じでは不十分だ。そういう場はどこか虚しさや人との距離の方が募るのではないか。

 

成熟した場では、どのような自由な発言があっても、お互いがキャッチボールする気がある。「自由な」発言する人も、気持ちのキャッチボールを前提として投げている。

 


これは「そうしなければ」というルールを自身に課しているという感じではない。ルールを自分に強いると緊張がおこり、自分から見た「ルール破り」の人にも苛立ちがおこる。

 

成熟した場とそこにいる人をたとえるなら、見えないけれど、場に満ちている酵母を自分にも満たし、その酵母の動き、求めを感じ、動けば気持ちいい、というようなイメージ。自分ではなく、その酵母が持つ自己増殖の自律性にゆだねられるように、場を整え、酵母が育つ感じをメンバーが共有する。

 

そういう状態での「自由な」発言は、場の風通しをよくし、明言されてなくても、見えなくても、なんとなくみんなが守らなければいけないような気になっている場の規範を破綻させる。

 

当事者研究大会に関わる人には「支援者」側の人も含まれているのだけれど、「支援者」という役割の強固さはしかし、あらためて根深いなあと感じる。降りるのは、他人じゃなくて、自分なんだけどなと思う。自分が降りていく人が発する雰囲気、「酵母」の方が、人にとって「支援」的だし、「援助」的だということが少しでも多くの人の感覚になればいいなと思う。

 

ミーティングに参加してみて、関西という地域だけでも、多くの場所で、当事者研究がされていることを知る。何年も続けられてきた研究の知見、成果を伝えたいという発言も聞かれた。

 

非常に重要なことだと思う。当事者自身が見つけたやり方の方が実際的で、知恵にとみ、通り一遍の専門家のアプローチや考え方を超えている場合はあり、むしろ福祉やケアの常識やパラダイムを塗り替えるものだってある。

 

シェアしていいものは、積極的にシェアされたらいいと思う。そこで「鵜呑みにする人」の存在が問題視されるかもしれないけれど、当事者研究する人同士、学ぶ人同士が知見をシェアするぶんには構わないのではないだろうか。学ぶ人は、知識や認識を更新する人であって、提示されたものを自分で吟味する人だ。

 

独創的な知見がシェアされることで、これまでやりとりが薄かったグループにも人の交流がおこり、循環が活性化するだろうと思う。大会だけでなく、それぞれに研究成果を発表する場を定期的にもうけるならば、学びはまた多くの人に伝わっていくだろう。そのことによって、個々のグループだけでなく、全体としての盛り上がりが生まれるのではないかと思う。

 


僕は、当事者研究の一つの大きな意義は、それが精神障害発達障害などの特定の「当事者」に限られたものではなく、「福祉」の領域に限定されたことでもなく、すべての人、生きている当事者が専門家や権威が必ずしもいなくても、自分たちで学びの場をつくり、学びを進めていけるという事実の提起であると思う。

 

福祉に限らない社会問題、政治問題、資本主義の問題、それらの根本的な向き合いに必要なのは、それぞれの場所で自分たちのちいさな学びの場をつくることであると僕は思っている。

当事者研究 気の通路をつくるものとして

東山区の本町エスコーラで大地の再生講座が3/4にあるらしい。畑の小学校の市川ジャンさんからよくお話しは聞いたりしていて、とても興味深い。岩倉の畑も手を入れてもらったりした。

 

 

基本的な考え方は、既にある詰まりをとり、空気を通し、水の流れを良くすれば環境は変化していくということなのだと思うけれど、個人としての人間にもまさに当てはまるなあと思う。

 

 

僕が思うに、重要なのは気の詰まりをおこしているものを取っていくこと。気は自律的な循環をしている。少しでもとればその分循環は活性化する。すると、状況に対してより耐えやすくなるし、展開の契機になるような創造的動きもあらわれるようになる。

 

 

日々の当事者研究をやる意義はここにもあって、ひっかかりや葛藤を頭にだけ滞留させず、早めに外に出して、書いたり人に言ったりすることで、気の循環は全然マシになる。

 

 

気(持ち)の循環に焦点をおき、その一貫性で暮らしを整えていけば、むしろ「問題」があり続けていても自分の状態は以前より良くなっているということだってあるだろう。

 

 

周りの人とどのような関係性であれば気の流れは良くなるか。話しの場が、どのようであれば気の流れは良くなるか。そもそも全体的に気の流れがよい状態であるにはどうであればいいか。 

 

自意識の好みや記憶、思い込みやイメージは、気の流れとは別のものとしてある。私とは自意識ではなくて、自律的な気の流れであるとするなら、結構次にやること、やらなくていいことは見えてきたりする。

 

 

循環が言わば本体なのだとしたら、滞りをなるべくおこさず、むしろ今の詰まりを取っていくことをやる。意識しなければずっとそこにある固まった詰まりを取っていく。

 

 

投資するのは、この気の循環に対してなのだとわかる。ここに投資したエネルギーは増えて返ってくる。気の循環を犠牲にしながらやっていたことが馬鹿馬鹿しくなる。

 

 

当事者研究は、自分の認識のシステムを観察し、変な状態があるなら、それを明らかにして取り除いていく。無自覚に、自動的にできてきた認識のシステム、反応のシステムをメンテナンスしていくことだと思っている。

 

 

この勝手にできた認識のシステム、反応のシステムに人は翻弄されてしまう。ここに意識的に光をあてることで、放っておくと変わらない部分の気の通路を整えていくことができる。

カーリングのように 4/1カフェスローのローカリゼーション・カフェ

→アズワン・コミュニティ

東京のカフェ・スローで4/1に「おふくろさん弁当」の岸浪龍さんのお話し会。

cafeslow-even.jugem.jp


環境を整えて、ゆだねる。その認識が大事だと思う。「自分でやる」のは、整えまで。

 

ただただ整えていく結果、やがてゆだねられる環境ができる。

 

ゆだねによって、変化のプロセスはぐんとすすむ。最後まで自分でやると思うと、疲れるし、人は助けてくれないものみたいな前提を抱え込んだりするので、恨みが募り、人に厳しくなる。

 

自分、自意識が自分を変えたのではない。それは現実ではない。ゆだねた環境が変える。すると環境や人への感謝がおこる。それがまた基盤となって、人は回復していく。それが循環だ。

 

カーリングみたいなもので、人為はもともとのストーンが持つ力や動きを活かすことができるだけ。自分はストーンを発射するもの、だから動かさねばと勘違いしたり、ストーン自体に直接手を出して無理やり止めたり動かしたりしようとすることは状況をより停滞させる。

 

人間のストーンは自意識が動かさなくても自分で動いている。繊細にその震えを感じ、先の露払いしたり、障壁を整理していくのが自意識の仕事。自意識は王様ではなくて、調整役だ。身の丈をこえて、王様と錯覚すると、工夫は雑になり、力で知恵の輪の穴を開いていこうとして、出来ず、落ち込む。

人心地と学び

「先生」になる程の知識とスキルを身につけなければ学びの場は作れないのか。

 

 

もちろん、ただ集まればできるとか、とりあえず続けていったら成り立つとか、そういうこともない。

 

 

動機の強さは、その場でおこるやりとりの質の高低、場の持続性にも直接的に影響する。

 

 

「〜を勉強しないといけないと思っているんです。」という言葉それ自体は、「勉強」をすることの強迫を打ち消すためにしゃべられていると思う。

 

こうしなきゃいけないと思ってるんですよね、と言えば、その強迫の緊張がその場で一瞬消えるのだ。また人の前で言うと、自分がそれをやる人のように錯覚するので一時的に高揚する。実のところは錯覚によりその高揚感を得るのが無自覚な目的となっている場合もある。

 

 

強迫とやりたいは違う。強迫は恐怖なので、恐怖が薄まればそれ以上やる動機はない。なので、やりたいと言っていることではなく、恐怖が薄まる行動をずっとするという現象がおきる。

 

 

やりたいは、持続的な動機だ。世人に受けが良かろうが悪かろうが関係なくある動機だ。

 

それが感じられないのは、それがあったら日々を生きていくのに不都合だからだと思う。認めると生きる時の手間が増え、もしかしたら緊張するようなこともする必要が見えてきたりして、困るのだ。

 

 

今あるものが減るのは困る。安定が崩れるのは困る。その代償として、自分がより深く感じていることを感じないようにしていく。表面的な刺激で麻痺させ、その刺激への動機で自分をコントロールし、成り立たせようとする。

 

 

学びの場の意義の一つは、一旦そういう日常の強迫と表面的刺激の追い求め(それはよりより強いものを必要としてくる)から距離を取れることだと思う。サバイバルモードになっている状態に人心地を戻すためには、普段と別の理屈で成り立っている場が必要なのだ。

 

 

人心地を回復していくと、それまで自分が妥当だと感じていた強迫が本当に妥当なのかという目で見る余裕が戻ってくる。他人の多様な視点や考えが程よく入ってきやすくなる。

 

 

強迫に距離を持って観察し、強迫に突き動かされていること自体が苦しみなのだと気づいていく。よく見ると、その強迫に従うのは、結局割に合わないということが見えてくる。表面的に浮かび上がってきた苦しみの下に見えなかった今まで知らなかった苦しみ、見えなかった苦しみが見えてくる。

 

 

意識すべきは、まさにその下の苦しみなのだと自覚した時、やりたいことは変わっている。恐怖に見えなくさせられていた「やりたい」は、実は、下にあるより深い苦しみを認め、それを救っていく動機なのだと思う。それは持続的であり、生きる手応えをもたらす。

 

 

人心地をつける。そして気づきを誘発する場を用意しておく。記憶やデータを現在の状態にそのまま蓄積するのではなく、現在の状態の解きほぐし、更新していくための場を設ける。

 

 

でも、まずは自分の人心地をつける場を一人でも二人とでもいいから、自分のデザインで作ることが始まりだと思う。人心地をつけるところから学びのプロセスはスタートしている。

 

 

やがて求めが見えて来れば、また自分でその求めを遂行していく枠組みを考える。その繰り返しが学びのプロセスであり、学びの場なのだと思う。人心地をつけ、自分に戻るということを抜きにした知識やスキルの集積は、古いOSにアプリをいっぱい入れていくということだと思う。

 

 

既知のことの繰り返しでないのでお茶の子さいさいというわけにはいかないけれど、人は自分というOSを周りとの関係性において、更新していくことができる。そしてそれは自律的な体の動きや求めとしてある。

 

学びは、まずその自律的な生きものとしての動機やプロセスを前提に位置づけるべきものなのではないかと思う。

リアリティ 「明日」に支払う代償

「成長」した暁に、本当の自分になり、本来あるべき体験ができるという考え方がある。自分なりに人の変化を確かめてきた結果、僕はそのようには思わなくなった。

 


深刻なトラウマを抱えた人が「回復」に長い時間かかる。その回復までの期間は、どちらかというと残念な時間なのか。

 

「成長」途中で死ぬのは残念なことなのか。一般論ではそうかもしれない。しかし、個人の生の充実は生きている時間が短いとか長いとかは関係ないのだ。

 

生の実体は死ぬまでずっと途中にある。その過程において、深いリアリティと繋がり、そのリアリティを生きるならば、心は充実する。

 

今自分が生きているリアリティがある。生が虚ろに感じるなら、今知っているリアリティでは不十分になったということだ。より深い実感、より深いリアリティを探していく。より実感を伴う言葉、体験を探し、確かめ、意識に汲み上げ、より深いリアリティにつながっていく。木が根を下ろすように、深いところに水はある。

 

前にも書いたけれど、心臓の弱かった遍路さんが歩けた2キロと、ハンディが少ない人の2キロのリアリティの深さは違う。それぞれの人にとってのリアリティがある。限られていれば限られているほど、潜在的に体験できるリアリティの感覚もまた高まる。

 

深いリアリティを失うのは、目先の利益や恐怖の代償として、自分の実感の深さを犠牲にし、差し出ていくからなのだと思う。だから逆のことをやっていけばいい。より深いリアリティの方を大事にしていく。それを感じ、そのリアリティで動く。そのことは、多分、世間一般的な「幸せ」を安定させ、不動のものにしていくこととは、矛盾することが多い。

 

生きるために死にながら生きる。リアリティを引き換えにすればするほど、心は死んでいく。うまくいっているときはそれでいい。だが、潜在的には誰もが、些細なことで、人生ゲームのマス目の外に出てしまう。マス目の外に出たとき、もはやリアリティの深さ以外に割りに合うものはない。

 

より深いリアリティを確かめ、探しあて、それを生きていくことによって、生は充実する。明日、来週、来月、来年まで待つ必要はない。どこかへいく途中のこの生のひと時ひと時に自分で感じられる限りの最も深いリアリティとつながり、妥協なきリアリティを生きる。それで心は救われていく。

 

自分の本当にやりたいことは、考えつく限り最悪の死に方をするとき、何が後悔されるかでわかると思う。死は他者であり、コントロールできない。にもかかわらず、ギブアンドテイクで、コントロールしようとする代償が、リアリティなのだ。

 

明日の生、10年後の生、50年後の生まで「安全」「確実」に幸せしようとするとき、リアリティは失われていく。だが、その意図が全く裏切られた時、死のコントロールができないことに直面した時、リアリティはまた顔を出す。

 

あと10秒しか生きられないなら、その10秒に最も深いリアリティをぶつけ、生きる。心はそれで充実するだろう。「成長」まで待つ必要はない。「達成」も過程を充実させるための方便でしかない。今、この過程に自分のより深いリアリティを汲み上げて生きる。奪われたものが多くても、その分だけリアリティの凝縮性は高まっている。

尽くすことと学ぶことの違い

大学の学部は心理カウンセリングの学科にいたけれど、人の悩みをずっときく仕事につきたいと思ったことはなかった。自分が聞いて、その人が楽になるなら聞きたいという気持ちもなかった。

 

 

一方、年間を通した当事者研究の集まりをやっていくなかで、参加者が日常で何かひっかかりがあったり、この事を考えたいということになったら、随時追加で話しの場を設けたいと思っている。

 

 

「問題解決」自体に関心はない。あることへのひっかかりや葛藤がどのようなからくりでできているのか、そして話しの場でおこっていることとは何なのか。それを自分なりに明らかにして、掴んでいきたい。まずその動機がある。

 

 

当事者研究に参加する人は、受動的な「被害者」ではなく、学ぶ人だ。ひっかかりや葛藤の仕組みをみていく。問題解決が目的なら「問題」が解決した瞬間にやることは終わる。ひっかかりや葛藤がどのようにおこるか、それを各人が学びたい、面白いと思うとき、「問題解決」というのは、学びをすすめる過程のとっかかりや副産物に過ぎず、学びは続いていく。

 

 

そして、話しの場で、気持ちの解きほぐしや、「問題」となっていることの解きほぐしが、共にできるようになっていくことをやりたい。「問題」が観察され、気づきがおこるための場の整いとはどのようなものか。それを体感で共有する。何が邪魔していて、何が状況を展開させるのか。その感覚を各人が掴む。

 

 

僕は当事者研究を通して、環境をつくる、という事をやっているつもりだ。個々の「問題」を逆手にとって、学ぶ人になり、話しの場をそれぞれがつくれる人になる。そういう人たちが周りに普通にいるという環境を作りたい。僕の認識では、自分が求めるような話しの場は作らないなら自然には存在しない。

 

 

僕はそこまで揃ってはじめて、いわゆる「人の悩み」を聞くというかたちが負担ではないし、学びになる。日常でやれる。週に何回やったとしても、疲れなくなる。むしろ充実していく。

場の整い

こころゆく話しの場は、どのようにできるのだろうかとずっと試行している。

 


自分の求める感じが成立するために必要な要件の一つは、発散の場ではなくて、学びの場であることだと思っている。

 

更新していく場であること。自分の捉え方、考え方、反応の仕方ということを含めて、見ていける場所であること。それによって、場が健康的に持続的になると思う。

 

前も書いたけれど、相手の話しを受け取った瞬間の初動の反応、認識を観察することを大切にしないと、話しが聞かれている状態にならないなとも思っている。

 

年間を通した当事者研究やオープンダイアローグ研究会は、同じ話しの繰り返しにならないため、そして自分の自動的な反応や認識に観察を入れるための設定だ。

 

心が本当に満足するのは、聴かれたということ自体ではないかもしれないと思う。聴かれている、尊重されているという場の整いがあり、その上で気づかれたり、流れ出てくるリアリティがあり、より深いリアリティに自分がたどり着くことによって、満足しているのではないかと。

 

聴くということは、場の整いを手伝うということで、「聴いている自分」が直接場を変えているわけではない。「私の聴き方」に意識が行きすぎるけど、場の整いと考えるなら、もう少し自分のあり方についての意識が変わってくるのではないかと思う。

 

どんな場所でやるか、どんな時間にやるか、どんな人とやるか、何人でやるか、全てが場の整いに関わることだ。

 

そしてその人の信念ですら場に影響する。「話しを聴かなければならない!」と自分に強く課している人は、その雰囲気が出るし、それが場にそうじゃないといけないような空気を漂わせもする。

 

実は違和感を持っていて顔に出ているけど、そのことに本人は気づかないということもある。自分に意識を持ちすぎると、多分、場の整いというところからはどちらかというと外れていく。