降りていくブログ 

ここという閉塞から逸脱していくための考察

亀裂をいれる 甲本ヒロトの動画から

https://temita.jp/twitter/63953

 

ロックンロールバンドがね 目指す場所はないんだよ 

小学生でも中学生でも高校生でもいい 

たとえばホウキでもいいんだ 

ギター持ってなくてさ ロックンロールに憧れて 教室の隅っこでワァーってなる 

すっげぇ楽しいんだ そこがゴールです 

そこにずっといるんだよ そっからどこにも行かないよ 

それが東京ドームになろうが教室の隅っこであろうがそんなの関係ないんだ

 ロックンロールバンドは もう最初から組んだ時点でもうゴールしてんだ

目的達成だよ

 


今ある抑圧的な秩序に亀裂をいれるということ、バンド(仲間)をつくり共同表現することは、そこがゴールであるのかと思った。

 

当事者研究界隈では「秩序を与える」という言葉があるそうだ。抑圧的な社会的規範、「普通」というあるべき姿を周りから求められる世間では、当事者の回復への内的なプロセス、精神の時間は止まってしまう。

 

だが自分に侵入し、内在化してしまったもの、その苦しみに自覚があれば、同じことを感じている仲間とのやりとりや共同行為によって、自分のなかのその抑圧的な意味を変えていくことができる。

 

何かをやった後にようやく達成(回復)があると思ってしまう。そしてそこにたどり着く距離と労力に疲弊してしまう。だが回復は回復のなかにあるのだ。

 

演劇や音楽などの共同行為は、内なる秩序を変えるためのより直接的で強い働きかけになるのだろう。

ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる。
A dream you dream alone is only a dream. A dream you dream together is reality.

 

ジョン・レノンの言葉を思い出したが、内的な価値観を変えるためには、社会を構成している人全員が変わる必要はなさそうだ。というか、英語をみたらtogetherなので全体というような意味もあるかもしれないが、一緒に、連れ立ってとかのほうがもしかしたら強いんじゃないのかと思った。

 

思ったことには妥当なリアリティがあると感じるためにそれほど多くの人を必要としない。そもそも自分に内在化した信念など一万人とかそういう沢山の人とやりとりして出来上がったものでもないのだし。精神的な距離の近い人とのやりとり、そのなかで良くも悪くも自分を揺り動かすものが自分のものの見えかた、感じかたを変えていくのだろう。

 

本当は大きな声で聞いてほしいのに ため息だとか 舌打ちだとかひとりごとのなかに隠してる 甲本ヒロト「PARTY」

 

亀裂をいれるというのは積極的な行為だ。言葉としても「回復」という言葉が持つようなやらされ感や義務感がない。当事者研究やっていても、秩序に亀裂をいれているのだと考えればいいだろうと思った。その実感は気持ちの循環を活性化する。仲間とともにやるならば、内在化したものも変化していく。

 

甲本ヒロト語録もう少し

 

苦労だと感じ始めたら、その時点で辞めとるものね。

 

心が揺れたところで決着はもう着いてんだ。

 

どんな風にやるかっていうことが一番大事なんだよ。

大リーグで活躍したいと思うことは夢じゃないんだよ。野球をやりたいというのが夢だ。

 

『楽しい!』と思った瞬間がゴールなの。

 

 

 

 


THE BLUE HEARTS 夕暮れ