読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

降りていくブログ

生き残りながら回復していくために

→アズワン・コミュニティ

カーリングのように 4/1カフェスローのローカリゼーション・カフェ

東京のカフェ・スローで4/1に「おふくろさん弁当」の岸浪龍さんのお話し会。 cafeslow-even.jugem.jp 環境を整えて、ゆだねる。その認識が大事だと思う。「自分でやる」のは、整えまで。 ただただ整えていく結果、やがてゆだねられる環境ができる。 ゆだねに…

初動の認識 対話が成り立たない理由

アズワン鈴鹿コミュニティは、「当事者研究」で、対話の成り立たなかった状態から対話が成立する状態をつくりだすことに成功した。 一旦コミュニティ的な集まりを作っても、距離が近くなって他人行儀に限界がくると、途端に人の行動や言動が許せなくなる。一…

バッファゾーンを育てる

今頃昨年を振り返りつつ。 1月〜2月は、アズワンネットワーク鈴鹿滞在。農場などで働かせてもらいながらコミュニティ内で、対話ができない状況を乗り越え、時間を経るごとに関係性の成熟がすすんでいくことを成功させた自己観察の手法を学ぶ。 鈴鹿の外から…

9/28出版 「幸せをはこぶ会社 おふくろさん弁当:本当にあった! こんな会社~規則も命令も上司も責任もない!」

9月28日に三重県鈴鹿市の「おふくろさん弁当」の本『幸せをはこぶ会社 おふくろさん弁当:本当にあった! こんな会社~規則も命令も上司も責任もない!』が出版されます。 僕も一部考察を書かせてもらっています。amazonとかで買える本に自分の書いたものが載る…

アズワン・コミュニティ 「自分を知るためのコース」に出る

鈴鹿で6泊7日の合宿。「自分を知るためのコース」というのに出る。コースは8種ぐらいあって、他は「人をきくためのコース」とか「内観コース」とか色々ある。鈴鹿でおこっている人の変化のあり方に興味をもち、自分もとりあえず一通り入ってみるかと去年…

当事者研究in鈴鹿

鈴鹿で当事者研究をやってみようという話しになった。 ● 当事者研究とは 「当事者研究」は、北海道浦河町における「べてるの家」をはじめとする起業をベースとした統合失調症などをかかえた当事者活動や暮らしの中から生まれ育ってきたエンパワメント・アプ…

アズワン・コミュニティ 自分を見るためのコース

鈴鹿のアズワン・コミュニティに月のうち10日ほど滞在している今年。 コミュニティの名前を変えようかという話しもあるらしい。鈴鹿コミュニティとか。シンプルでいい感じだと思う。鈴鹿はワンノブゼム、それらの一つみたいな感じで。 コミュニティにはス…

「おふくろさん弁当」で何がおこっているのか

鈴鹿滞在の後半は、アズワン・コミュニティの会社、おふくろさん弁当で働いている方にインタビューをさせてもらうことになった。コミュニティのことを全く知らない一般募集できた人も一緒に働くこの場所でどのようなことがおこっているのか。アズワン・コミ…

コミュニティとの距離

コミュニティに対しての関心は、個が生きる環境、個が自由である環境とはどのようなものかというところなので、とにかくコミュニティになればいいとか、コミュニティというもののほうを目的にする話しとはむしろ逆の立場になる。どんな労働分配ができたとし…

人が回復していくところ

人の変化、回復とは何か。それはどのような契機で、どのような環境において進んでいくのか。自分なりに確かめてきた。人は生涯を通して回復していくことができる。回復というものを今言葉にするならば、それは生きていくなかで内在化され、生を疎外するよう…

アズワン・コミュニティ4 自律性の育て方

11月の末から三重のアズワン・コミュニティに行ってきた。今回は、参加者が持続可能なコミュニティを自分ごととして探求していく「持続可能な社会づくりカレッジ」及び、内観に入ってきた。 アズワンには、今年から何度も訪れている。アズワン・コミュニティ…

<お誘い>持続可能な社会づくりカレッジに参加します。

「話し合いのできる人になりあっていく」善意と未来をつくる前向きな意思を持って集まった人たちなのに、なぜ関係性がこじれていくのか。 「あの人はあれをやらない」とか「ああすべきだ」とか個々の要求水準を人にあてはめ、不満をたかぶらせていく。ルール…

人の変化について アズワン・コミュニティに行ってきた2

人の変化についてずっと関心を持ってきた。 最初のころは、肯定的な変化を「成長」と考えてきたが、今はその言葉は使わない。このブログの最初のエントリーも『「成長」しない』だった。 「成長」しない - 降りていくブログkurahate22.hatenablog.com できな…

自分に必要な贅沢を与えること 自由の自給自足

三重のアズワンに行く前はちょうどよく調子悪くなっていて、食べるものも刺激の強いものとか、甘いものとかをたくさんとらないと時間が持たない感じになっていた。 <a href="http://kurahate22.hatenablog.com/entry/2015/03/26/225840" data-mce…

アズワン・コミュニティに行ってきた 認識の地味な吟味

鈴鹿のアズワン・コミュニティというところに行ってきた。 コミュニティでは、どのようにしたらお互いに束縛やなく対立なく、親しさを育てていけるのかを14,5年とずっと試行錯誤されてきて、今その手ごたえがだんだんと感じられてきたとのこと。 人と人が対…

活動

昨日の予報より延びて、雨は昼前から降り出した。 自給の作物づくりの講座を二人で一緒にやっている方と来年度の活動のその後の展開のイメージについて話す。かりられる新しい畑が見つかったので、それをどうするかなど。 活動というのは、環境をつくること…